新商品


*画像は校正摺りをスキャン、取り込んだデータです。本商品とは多少の違いが出ることがあり、お使いの端末によって色の違いが出ることがあります。ご了承ください。

*納期:1週間〜10日間

~攻殻機動隊 浮世絵シリーズ~

「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵」

販売中!

江戸時代に一世を風靡した「藍摺絵(あいずりえ)」。藍色の濃淡のみで表現するこの浮世絵は、「摺り」職人の見事な伝統技術が可能にする様式です。「藍摺絵」の伝統的技術と攻殻機動隊シリーズの電脳世界が融合した浮世絵作品、「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵」が完成しました。

 

ご好評をいただいた「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 浮世絵」の版木と「藍摺絵」用に新たに彫り起こした版木を組み合わせ、伝統工芸士の摺師が見事な技術で摺りあげます。「藍摺絵」の伝統的な作品に倣い、藍色の濃淡の中にポイントで使われている紅色は、草薙素子の凛とした美しさを最大限に引き出しています。

前作同様、人間国宝 岩野市兵衛が手漉きした越前生漉奉書を用いて、ポスターイラストの原画を描いた沖浦啓之氏の毛筆署名も版画として再現しております。

 

 

 「浮世絵×Ghost In The Shell/攻殻機動隊」コラボ作品としては初めて実現した「藍摺絵」となる「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵」、是非この機会にお求めください。

 

   ©1995士郞正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT


<藍摺絵:解説>

 浮世絵師「国貞」は、文政4年(1821)、京や大坂に旅をした。そこで鮮やかな「藍色」に出会う。舶来の化学染料「ベロ藍(ベルリンブルー)」である。

 従来の植物染料「本藍」より明るく美しい。江戸へ帰った国貞は、その年も暮れ、翌々年の文政6年(1823)頃に、花魁を描いた美人絵で「藍」の濃淡

 だけを使った「藍摺絵」を発表した。わずかに唇だけが「紅」で摺られていた。極彩色の浮世絵よりも不思議な存在感があり、江戸っ子に評判となり、

 数年後には、藍摺絵が江戸で大流行する。・・・・・そして現代、再生した草薙素子は電脳の海にダイブする。そのイメージに藍摺絵はピッタリである。

 

<国際浮世絵学会常任理事 新藤茂>

新商品


*商品画像はお使いの端末によって色の違いが出ることがあります。ご了承ください。

*納期:1週間〜10日間

~「かまわぬ」×「攻殻機動隊 浮世絵シリーズ」~

「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 本染手ぬぐい」

販売中!

手ぬぐい専門店「かまわぬ」と「攻殻機動隊 浮世絵シリーズ」とのコラボにより実現した本格的「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 本染手ぬぐい」が完成しました。

 

明治時代から続く染めの技術である「注染」手法を用い、シルエット化した「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 浮世絵」を本染め独特の風合いで紺地と白地二種類のデザインで染め上げております。一尺三尺、およそ33cm×90cmの綿の晒生地のなかに、「注染」手法で染められた「Ghost In The Shell/攻殻機動隊」の世界が広がっています。専用額で額装された手ぬぐいは、すっきりとした高級感を漂わせ、「壁に飾る手ぬぐい」という、インテリアとしての新しい手ぬぐいの使い方をお楽しみいただけます。

 

柔らかい仕上がりの本染め手ぬぐいと、「Ghost In The Shell/攻殻機動隊」の電脳世界のコラボレーションをご堪能ください。

是非この機会に、お早めにお求めください。

<注染とは>注染(ちゅうせん)とは、布に模様を染める技法のひとつ。主に手拭の染色に使われる。布に型紙で染めない部分に糊を付け、乾燥後に染める部分に土手を作り、その土手の内側に染料を注いで布を染める。一度に多色を使って染めることができる。染料は布の下側に抜けるため、布の芯まで染まり、裏表なく柄が鮮やかで色褪せしにくいことが特徴とされる。

  ©1995士郞正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT